日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

リタリンとオーバードーズ(OD)

2   3

なんか夜オーバードーズに関するドキュメント番組やってた。
リタリン(メチルフェニデート)をオーバードーズ(薬物依存症になって投与量以上を飲むこと)する人たち。

薬を作る身としては、薬と、その依存症に興味がある。
簡単に言うと、脳にはドーパミンっていうやる気がでる物質がでて、これがなくなるとパーキンソン病になる。

ドーパミンを出す薬にはコカインとかアンフェタミンという麻薬があるがそのリタリン(メチルフェニデート)も同じような効果をする。(まあミクロレベルで微妙に違うんだけどね)


コカインなどに代表されるように、ドーパミンが出ると気分爽快になるらしい。昔のコカコーラはコカインが入ってたので飲むと元気になったらしい。

リタリンはコカインよりよっぽど弱いのかも知れないが、オーバードーズで自分で好きなだけ飲んだら意味がない。
シッカリした処方の上に使用するならいいのだが、知識もなく薬を使ったら身を滅ぼす。

タバコを止められない人が多いのだから、精神薬の制御などわしもできないのだろうな・・っていうかそこまで自己管理できるなら薬物依存などしないと思う・・
要はきちんと自己管理できればそもそも薬で困ることはないのだと思った。

これからリタリン買おうと思う人は止めた方が良いよ、止めましょう。
そもそも、医者の服薬指導がきちんとしてないからいけないのか。

関連記事

2 Comments

すえ says...""
貴重な意見ありがとうございます!

そうですね、使われ方を考えるのは確かに重要です。
人の体の仕組みをいじるものなので薬は正しく使わないと毒ですから。。
風邪薬でもたくさん飲めば致死になるし、精神薬も麻薬と紙一重です。

自分も病院のほうで研究してましたが、製薬会社が作った薬がどう流れていくかは、指摘の通りあまり研究者は把握していないように思います。

また、どう使うかは処方する医者や正しく使う患者にゆだねられている感じもします。

最近は薬を飲む人も一応薬のメリットとリスクを知った上で飲んでほしいなあと個人的には思います。そういうのもどこかで教わったり、製薬会社として情報提供したほうが良いのですけど。

医薬分業と言って、処方する医師と調剤する薬剤師が分かれて2重のチェックが入るようになっている割にテレビではずいぶん簡単に薬が手に入っていたのでビックリでした。
2007.08.19 00:24 | URL | #- [edit]
テスト says...""
テレビに出ていた医者は、業界の中でも最悪の部類の方です。東京クリニック。で、お調べいただくとわかると思います。

Yahoo!ブログ - 精神科医の犯罪を問う
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55

お気をつけください。
いったいどういうところに、作ったものが配布されているのか。
どういうものを作った方がいいのか。

考えてみるのもいいかと。
2007.08.16 00:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suedesue.blog61.fc2.com/tb.php/323-dc396c66
alpha-merthylphenethylamine) は合成覚醒剤の一種である。食欲低下薬|食欲低下や体重抑制、およびナルコレプシーやADHD|注意欠陥多動性障害 (ADHD) などの治療に用いられる。能率向上や娯楽目的での濫用は、ほと
リタリン
MPH) は難治性・遷延性のうつ病やナルコレプシー等の過眠症の患者に対して使われる、アンフェタミンに類似した中枢神経刺激薬である。注意欠陥多動性障害(ADHD)、慢性疲労症候群といった症状に対しても効果があるとされる。日本では、リタリ
オーバードーズ
オーバードーズオーバードーズ (over dose) とは化学物質(多くの場合、薬品やいわゆる麻薬|ドラッグ)を、生物|生体の恒常性|ホメオスタシスがそこなわれるほど多量にまたは集中的に摂取することによって起こる。深刻な症状を引き起こし、死|死亡する場
該当の記事は見つかりませんでした。