日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

蛇口からお茶。

0   0

お茶の産地・静岡県島田市の島田第一小学校に23日、蛇口をひねると冷茶が出てくる大型給茶機がお目見えした。

 児童は休み時間に飲んだり、うがいをしたりできる。子供のころから茶に親しんでもらい需要拡大につなげるとともに、茶成分のカテキンには殺菌作用があることから、風邪予防効果も期待されている。

 給茶機は幅約1・0メートル、高さ約1・7メートルのステンレス製。手洗い場に設置され、三つの蛇口が設けられている。水道水に地元産の粉茶を混ぜ、約200リットルの緑茶を作れる。市教委は「将来的には全17小学校への設置を検討する」としている。

 児童らは早速、蛇口から出てくる冷たい茶を、コップに注いでいた。


あれれ、うちの近所じゃん。
すごいね、さすが地元。蛇口から緑茶。

静岡のお茶は青汁くらいに濃いので、毎日飲んだらさぞかし健康にいいのだろうと思う。カテキンたっぷり。

しかし、21世紀になったら蛇口から緑茶がのめるとは、わしが小学生のときは思いもしなかったよジョニー。

緑茶でうがい、って他県の人はしらないかもしれないけど、当時も自宅から水筒でお茶を持ってきてうがいをしていたのです。
お茶+食塩=サイキョウ。
こんなお茶の国の人だから、大人になってもお茶ばかり飲むような子に育ってしまった。これからも一生飲むんだろうな、お茶。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suedesue.blog61.fc2.com/tb.php/195-85b63f0e
該当の記事は見つかりませんでした。