日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

ランチメイト症候群

0   0

なんか最近になってでてきた病気。

学校や職場において、一人で食事をすることが寂しくて食事がつらくて仕方ない、もしくは、一人で食事をしているところを同僚に見られると「あいつは友達が居ないんじゃないだろうか?」と周囲に思われるということを極端に恐れたりする病気らしい。

また、この逆で、職場の暗黙の了解によって、ランチを常に職場の皆で一緒に食べなければいけない場合があり、昼休みぐらい一人でのんびりしたいのに職場の人間関係が壊れることを恐れて断れない、という場合もあるらしい。

どこもそんな感じで、ご飯は一緒に食べるものと暗黙の了解になってるらしい。とくにおば様グループ。
おば様をみて思うのは、どうしてこの人たちは思考が固まってしまったかと思う。~するもんだ、的。
そしてそれはいつから?

おそらく家庭を持ったりすると自分が一番家庭で偉いと錯覚し始め自分のルールが当たり前だと感じ、自分のいる世界になんら疑問をもたなくなってしまうのかもしれん。それこそ自分で作った自分の壁。
特に一人暮らししたことないと気づかない自分のアタリマエ。

自分の壁を打ち破らないと新しい発見、感動、成長はないものとわしは信じてきをつけとります。
別に食事はみんなで食べなくてもいいし、周りの食べるスピードを気にして食べなくてもいいと思う。


ランチメイト症候群

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suedesue.blog61.fc2.com/tb.php/192-40bb3f9e
該当の記事は見つかりませんでした。