日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

奈良田の里温泉(2)

0   0

前回紹介した、奈良田の里温泉。

↓前回記事
http://suedesue.blog61.fc2.com/blog-entry-1465.html


ほんと気持ちの良い温泉、誰も居なかったからか温泉も新鮮でした。
湧き出たままのかけ流し♨
P1010472.jpg

温泉を直接引いている蛇口があり、そこから源泉を飲むこともできます。
100-150mLならOKっぽい。
お味は、まず硫黄臭がして少し硬度の高い水のような感じ。ゴクゴク行けるかも。
P1010473.jpg

外の縁側の風にあたり・・
P1010475.jpg

ずいぶんと歴史のあることを知ります。
女性天皇で重祚もした、日本史の教科書でも有名な孝謙天皇が8年もここにいたという。

聖武天皇の次の天皇だから、750年くらい?

当時は奈良の平城京。都の名前をとって「奈良田」としたらしい。

初めは奈良田より南にある西山温泉を訪れ、その後霊泉を求めてさらに奥へ入ると奈良田の地を見つけ、「奈良の都は七条なるが、この地は七段。ここも真に奈良である」と言い、遷居したとされている。開湯はそれ以前との言い伝えられており、孝謙天皇の言葉によりこの地が「奈良田」と名付けられたと言われている。wikipedia

P1010479.jpg

よくまあ都からこんなところまで来たなあ。
下の地図を見ていただきたいが、ここまでどうやって来たのかなあ

静岡からも、清水から90kmくらい。
しかもずっと富士川の渓谷、途中は道路が崩れていたので令和の世でも一苦労。



孝謙天皇ゆかりの土地ではあるけれど、実は1953年に奈良田の集落はダムの底に沈んでおり、
40年前の1979年に採掘して復活したらしい。

ダムの湖を眺めながら、極上の湯ではるか奈良時代を感じる、なんとも感慨深い場所。。

P1010463.jpg

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suedesue.blog61.fc2.com/tb.php/1466-f58ec7da
該当の記事は見つかりませんでした。