日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

麻黄湯×インフルエンザ

2   0

毎日寒いのは慣れてきたけど、職場でインフルエンザが流行っている。
一緒のグループで仕事している方も罹患して出勤停止になったと聞いた。

インフルエンザにかかって休めばいいのだが、風邪の症状より仕事を心配してしまうのは立派な社畜だからか。
出勤停止で教育テレビ全学年見放題生活もいいけど、1週間も休むと各方面に迷惑かけそう。

インフルエンザに罹りたくない!!

と言うことで、薬に頼ります。
買ってきました、麻黄湯〜(大山のぶ代さんの声で)
XE2S8584.jpg

風邪はだいたいウイルスに感染することで始まりますが、本当の抗ウイルス薬は少ないです(インフルエンザのタミフルとかリレンザとかイナビルとか)

ドラッグストアで買える薬では対症療法の薬が多く、解熱鎮痛剤やビタミン剤を飲むよりかは市販の漢方薬の方がウイルスを殺す効果がありそうだと思ってます。

成人に対して麻黄湯はタミフルと同等の発熱および症状改善作用をもち、特に治療初期にその効果が顕著であると言う臨床報告(Journal of Traditional and Complementary Medicine, vol. 27, pp. 148–156, 2010)もあり、自分も何度か服用して風邪を回避できてるので「風邪かな?」と思ったらプラセボ効果も含んで飲んでいます。

どうでもいいけど、2017年麻黄湯の細胞生物学的な研究が報告されてて、タイターを測ったりしてる。簡単に言うとインフルエンザウイルスの細胞への侵入を防ぐという効果があるかもとのこと。(世の中の薬で、効く仕組みが不明なケースは多いのです)

宿主作用で抗ウイルスという、マニアにはたまらない話。

a quick increase of endosomal pH possibly resulting in the influenza virus being unable to enter the cytoplasm

Maoto, a Traditional Japanese Herbal Medicine, Inhibits Uncoating of Influenza Virus
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine
Volume 2017 (2017), Article ID 1062065, 12 pages

↓興味のある方は参照ください
https://www.hindawi.com/journals/ecam/2017/1062065/

関連記事

2 Comments

Curi (Curiosity) says..."Re: タイトルなし"
norryさん
マニアな情報が役立ってよかったです!
代わりがいないから出勤停止だけは避けなければというプレッシャーはありますよね。

私もあれ?風邪かなと思ってたんですが、麻黄湯で症状が出る前に治りました。葛根湯よりも強い感じですが効果はあります。
もうすぐ暖かくなるので、あと数週間頑張りましょう。そのあとは花粉のシーズンですが・・・
2018.02.06 23:54 | URL | #- [edit]
norry says...""
麻黄湯…情報ありがとうございます。
私も立派に社蓄化したんでしょうか?
常に万一インフルにかかって休まざるを得なくなったら…と、最近、想定問答の日々です。
雪や台風で、翌日に遅刻、最悪休まなくてはいけないかも…と想定できるのきは、前日にお願い事項を箇条書きにして残しておくんですが、事務職で代わりがいない状態も会社としてはおかしいので、何とかしなくては…と思いながら、立派に社蓄?として育ってしまいました。

麻黄湯、早速買いに行って、万一に備えて常備しておきます!
2018.02.04 17:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suedesue.blog61.fc2.com/tb.php/1380-a927ffe0
該当の記事は見つかりませんでした。