日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

ルーブル美術館すごい

0   0

ルーブル美術館は言わずと知れた世界最大級の美術館。

その昔、フランス王フィリップ2世が12世紀に建設したルーヴル城が元になってる。
1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に移ってから、王室美術コレクションの館となる。
美術館として正式に開館したのは1793年で、その後ナポレオンが各地を制圧して回収してきた美術品が溢れるようになる。
「イスラム美術部門」、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」、「古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門」、「イスラム美術部門」、「彫刻部門」、「工芸品部門」、「絵画部門」、「素描・版画部門」の8部門に分類され、絵画部門だけ見てきたけど2日に渡った。

とにかく見切れない!

DSC06518.jpg

元が王宮だからか、展示室そのものが豪華
DSC06300.jpg

絵画部門は何階にも渡り、とにかく画像の多さに圧倒される
DSC06291.jpg

ルーブル美術館の絵というコーナーまであり・・・
DSC06355.jpg

1800年代の様子も描かれているけど、当時から変わらないんだなあと思う。
美術品はずっと変わらず、次世代に残っていく。
DSC06353.jpg

生涯、いつかもう一回くらい行きたいところ。リピート決定です!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suedesue.blog61.fc2.com/tb.php/1325-64d90cc9
該当の記事は見つかりませんでした。