日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

ホームレス会社員

家が無くなったので、しばらくホテル生活です。家のものはすべてもってかれてしまったので、トランク一つで生活。ibookをもってきたので、ホテルでインターネットができるのは良いアイデアだったかも。この一週間は大変でした。水曜日 引っ越し先が分かる→午後転出、住所変更手続き木曜日 荷物まとめる、人事手続き、夕方親しい人とご飯食べに行く金曜日 午前中車やNTTの手続き、会社に行く、出社最後、絵の教室の送別会土曜日...
0

あと一週間

あと一週間である。依然として住所が決まっていないけど、今月末には退去。この辺は詳しくかけないけど、会社の都合というものがあるらしい。いろんな思いを乗せて、退去である。昨日は後輩の家に招かれ、新人が鍋を作ってくれて朝3時まで話をしていた。今日は同期の飲み会で、3連休の大雨の日の中自分のために人が集まってくれた。こうやって自分の事心配してくれたり、がんばってねと励ましてくれたりするのは嬉しい。...
0

出張

出張して、今度の職場の顔合わせしてきた。もう来月なのにまだ未確定な部分が多いかも。とりあえず、車が欲しくなった。車買おう。...
0

依然として

依然として次ぎどうなるのかが分からん毎日。しかしながら、正式に辞令がでてから、周りの目は「もうこの人いなくなるんだ」的な感じになっている。それだからかすごくよく声をかけられる。後輩が帰るのを待っていて一緒に帰ったり、実験室であれやこれや空き時間に雑談したり(いえ、しっかり仕事はしてますが)。マウスも今日お別れをして、全部サンプリングしてしまった(このへんシュールな表現だが)。当分動物実験もないだろ...
0

箱詰め

箱詰め、引越しのためにパッケージングをしてました土日。4年目になると意外にモノが溜まっていることが分かった。こまめに実家にモノをもっていったのだけど、それでもモノが増えている。増えているのは、本。論文などの参考書は増えているのは自覚していたけど、画集などの絵の本がたくさんでてきた。その代わりに減ったなあと思うのは、写真やCD。最近はCD買わないからすごく減った。モノは極力少なく生きていきたい。書類はみ...
0

さよならを言いに

残されたリミット3週間となりました。最近は、お世話になった人にありがとうをいい、離れてしまうけどお元気でと告げ、なんか寂しくなる日々を過ごしています。...
0

リミット感という言葉

リミット感という言葉を勝手に作った。というか、勝手に浮かんできたのだけど手前味噌でいい言葉だと思う。たるんだ毎日に刺激的な言葉である。地球消滅まであと25日!と言ったら何して生きるのだろう。この日に必ず死ぬと決まっていたら自分は精一杯生きようと思うのでこのリミット感はすごくインスパイヤなのである。ということで、癌告知はしてくださいお願いしますって感じ。自分は11月までしかここにいられないけど、ほか...
0

リミット感で生きてます

リミット感いっぱいでこの秋を生きてます。今年の秋はすごく複雑な心境。そして会社でやることが少ないので暇。引越ししていく上で、なんか心配なのは職場の後輩たち。昨日も夜後輩の家に呼ばれて話をしたけど、結局、今の部署をやめて異動したいとの話だった。このストレス社会で病んでいる人がいるのは確かで、体を悪くしている人も多い。ここ1年くらいは若手の旅行を企画したり、頻繁に声をかけるようにしていたけど、もっと彼...
0

呼び出し

なんか夜に後輩に呼ばれた。遅い時間に電話が鳴ったので、最初「?」ナニゴト?と思った。後輩の家に行ってみると、どうも部署を変わりたいという話だった。自分が引越しする話をしたため、後輩も自分が悩んでいることを打ち明けてくれた。お互いがんばろう、きっと場所を変わってもまた新しい希望が見えるはず。そんな前向きな話で今まで悩んできたこと、これからの話をした。なんか自分がリミット感もって生きていると、まわりも...
0

やることが謎

さて、あと一月何をするのか?とりあえず引越しすることは分かっているが、どこに住んで、何をして生きるのか(なんかアンパンマンの唄みたいだ)分からない。日々何をして生きるか?名残惜しさを感じて生きるのか。やることも中途半端で会社に居てもヒマが多い状態である。次のために漠然と勉強をしようという感じ。そこで、わしは「死の宣告のシミュレーション」を行うことにした。余命一月と宣告されたとして、何をして生きるか...
0

寂しさ

引越しすることで、今まで住んでいたとこを離れるわけだけど、数年住んでいただけで人のつながりってできるものなのだなと思った。髪を切りに美容室に行ったのだけど自分を担当してた美容師がなんか引越しの話を聞いて寂しがっていた。それほど親しいわけではないけどこれも縁なんですかねぇ~なんて話になって切なかった。自分に残された猶予は1ヶ月。それまで普通だった風景が急に寂しげなものに映る。自分が死の宣告をうけたと...
0

2008年10月はなにかの転機か?

10月末、そう先週の金曜日に会社のほうから転勤の命令を受けた。急に降ったような話でなんでこんなに急展開になるか分からない。しかし自分には背負っているものも、大切なものもないので引越しをすることに。これは人生においても結構な転機になると思う。これをチャンスとして大きく上昇して行かないと思う。何故こんなことになるのか?が次々起こっているようで、まるで何か大きいものに運命を動かされているのか?とも思う。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。