日々キュリ

好奇心のカタマリが日常生活を深掘り!日々ワクワク楽しければいいんじゃない?

清津峡渓谷トンネル(3)

清津峡渓谷トンネル750mはなかなか遠い・・冷気も強くなり、だんだんこの世のものとは思えない雰囲気に。そして!ゴールには、プールに映るトンネルがありました。プールには靴を脱いで入れて景色を見ることができますプールは床一面峡谷から湧き出る沢水を張り、トンネル壁面にステンレス製の板を貼ることで外の景色を反射させるよう作られているようです。清津峡の自然を借景に、建造物との関係性をうまく表現していますね。シル...
0

清津峡渓谷トンネル(2)

清津峡渓谷トンネルに入っていきます。そとは真夏だけど、トンネル内は20度くらいで涼しいですヒンヤリ、暗い・・時々横穴があって、外の風景が見られます。断崖絶壁!下は川です。なんかこう、トンネルの無機質感と、自然の岩場の対比がすごく面白いです。さらにズンズン進んでいきます!トンネルはひんやりしており、壁が濡れて独特の光加減。今度の横穴は??なんだこりゃなんかの巣みたいですね。更に進んでいきます!ついに涼...
0

益昌大廈

昨日紹介したMONDO GROSSOの満島ひかりの歌のPVのメイキングがありました。一発撮りかとおもったけど,何カットかあるみたい。それにしても綿密な打ち合わせと,練習。満島ひかりは独特のテンポがあってアートを感じます。ロケ地は香港の益昌大廈というところらしい。香港一度だけ行ったけど,夜は色んな色彩があって良いね!↓昨日の記事http://suedesue.blog61.fc2.com/blog-entry-1391.html...
0

2018皆既月食

疲れて帰って来たけど、テンションのアガることが!皆既月食!月が地球の陰に隠れて暗くなってしまう現象。明るさは数千分の一に下がる。しかも今回はスーパームーン時期で、普段よりも大きな満月。さらに今回はブルームーンで、1/2と1/31に満月になる月。そしてそして、皆既月食で月が赤くなり、ブラッドムーンになる!何を言ってるか良く分かんないけど、スーパーブルーブラッドムーンである。スーパーストリートファイターツー...
0

ガッテンアニメ

NHKためしてガッテンのサイトにある「ガッテンアニメ」がAC部の制作で、案の定シュールなことになってる。しかも毎月更新されて、どうしても気になってしまうから恐ろしい。先日のマザえもんもそうだけど、どうもスタッフにシュールな方がいるのではないか。もし居たら現代アート的な波長が合いそう。NHKガッテンアニメhttps://www.nhk.or.jp/ten5/programs/gatten/ganime/イルカセラピーもそうだけど、なんでこんなに中毒性?...
0

相互交流

某写真の展示会に参加して、東京会場で自分の作品が展示されてのだけど会場の作品に対して感想を届けられる仕組みになっていたようで、いくつか感想が届きました。絵画展に出店したことはあるけど、写真をコンクールに出したことはなく、今回展示させてもらい感想までいただいてありがたいと思いました。フィードバックが来ると励みになりますね。数ある作品の中、ビビッときたのは嬉しい。絵も同じようなもので、描いた人の感覚と...
0

ドン・ユアン おばあちゃんの家

横浜トリエンナーレ2017ドン・ユアン おばあちゃんの家こちらは、おばあちゃんの家のものを一つ一つ油絵にして、部屋そのものを再現してしまった作品企業ロゴがあるなど、生活感が醸し出されてるテーブルの上まで絵で表現!これは面白い絵なんだけど、だんだん慣れてくるのか、脳内補完されるのか不思議とリアルに感じてくる。絵は「絵」と思っているけど、「部屋」だと思ってくると印象が違う。配置なのか、等身大サイズだからか...
0

横浜トリエンナーレ2017

横浜のトリエンナーレに行ってきました先月から開催しており、気になってまして。いろんな展示、インスタレーションがありましたが、ラグナル・キャルタンソンのザ・ビジターズが特に面白かったです。真っ暗な展示室の中、9つのスクリーンに映る演奏者たち。それぞれの部屋の音がスクリーンで流れて、それぞれの楽器から演奏される。最初は、別々の場所の部屋なのかな?と思っていたけど、実は一つの館で、時々出演者が移動したり...
0

ルーブル美術館すごい

ルーブル美術館は言わずと知れた世界最大級の美術館。その昔、フランス王フィリップ2世が12世紀に建設したルーヴル城が元になってる。1682年にフランス王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に移ってから、王室美術コレクションの館となる。美術館として正式に開館したのは1793年で、その後ナポレオンが各地を制圧して回収してきた美術品が溢れるようになる。「イスラム美術部門」、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」...
0

ルーブル美術館に行こう

世界屈指の美術館、ルーブル美術館に行ってきました!学生時代美術部員であった私としては、ぜひ行っておかねばなりません!(義務感)ルーブルの入場にはチケットを買うだけでも並んで大変だというので、事前にミュージアムパスを現地で入手しておきました。それなのにメチャクチャ並ばされました。1時間近く。後ろに並んでいたイラン人の方は「お前、どのチケット持ってる?プライオリティーチケットだろ?なんでこんなにならば...
0

オランジュリー美術館

いくつか美術館行った中で、オランジュリー美術館は2回足を運びました。いつも賑わってますが、ルーブルと比べればそこそこ。東京の展示会よりは空いてるって感じ。オーバルな部屋にモネの睡蓮が4面取り囲むように展示されています。館内は静寂を保つように注意がなされ、まるで庭の池を眺めるようにじっくりと鑑賞できます!柔らかい自然光なのがいいですね圧倒的な空気感ニューヨーク現代美術館(MoMA)や直島の地中美術館でもモ...
0

オルセー美術館

オルセー美術館におります。以前日本でもオルセー展行ったことあるけど、やはり大元は充実度が半端ない。いくら時間あっても見飽きない。ムーラン・ド・ラ・ギャレットこの構図と木漏れ日が好き5階から外に出られまして。。。市内一望。今お昼なのでどうしようか。ドラクエはレベル25になりました。...
2

宇治市ゲーム

京都府宇治市のPR動画、観光アクションゲーム「宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜」これ、市役所の公式ページ。注目度は元とってる気がする。AC部的なシュールさがあって結構好き。http://www.city.uji.kyoto.jp/ダイジェスト編フル編藤井亮さんの他の作品。やるな滋賀県も。...
0

印刷と製本(2)

カフェ工船の印刷と製本ワークショップ,次は製本工程です。まずは表紙を選びます,色んな柄があって迷います表紙にスケジュールのページといろいろな色のページを挟みます参加者のページを纏めて製本器で固定。背固めを製本用の特殊な接着剤で留めます。うまくいくと,ページがキレイな模様を描きます次に栞と花ぎれを選びます。これもどの色をとるかセンスが問われます!すごく迷う。接着されたページに栞をはりつけ,花ぎれを留...
0

印刷と製本(1)

いつも行ってるカフェのワークショップに参加してきました↓先日紹介したイラストと製本の先生の指導のもと,「本づくり」を体験できます。http://suedesue.blog61.fc2.com/blog-entry-1174.htmlこの日は午後のカフェ営業をやめて,ハードカバーの本づくりに専念!カフェの店長さんもオオヤさんも参加です。日本各地から来られた方が集うモノづくり体験※写真は一部ぼかしをいれていますハードカバーのスケジュール帳ということで,...
0

宝泉院 (2)

宝泉院の居心地が良いです盤桓園(ばんかん、立ち去りがたい意)が気に入って,ほんとに立ち去れなくなる。。気づくと閉園時間になってました。しかし,最後まで残ると,この景色独り占め!人がいなくなると,自分と景色だけになったようで,庭と対峙できます。・・・ほんとは,自分以外にも4,5人この時間を待ってた人々がいて,待ってましたとばかりにシャッターを切ってました。閉園時間はなんか寂しいけど,ちょっと得した気...
0

渉成園(1)

紅葉の下見の一環で渉成園に行きました渉成園は東本願寺の飛地境内地です。京都駅から歩いて10分というアクセスの良さ。江戸時代に入ってから石川丈山によって作庭されたという場所です。※石川丈山は詩仙堂の作庭もされており遊び心があって面白い池に浮かぶ北大島に建てられた縮遠亭回棹廊モミジ綺麗。ここも紅葉時期は真っ赤になるのだろうか。東本願寺は結構観光客が多いですが,ここは人が少なく穴場な印象。庭園は広く,ゆ...
0

篠田桃紅展

美術家の篠田桃紅の展示会があったので行ってきた人生は一本の線一線一線に思いをのせて描く姿勢は非常に印象的。以前もNHKのテレビで様子を拝見したのですが,「思った通りの線を描くこと」を生涯をかけて取り組まれている。線がこの先思った通りに進むか,それは分からない。思い通りに行かないから面白い。時間軸でt=0からt=1に行く方向は上向きなのか下向きなのか,それとも変わらないのか。それは分からない。でも過去の点と...
0

五条モール

五条モールに行きましたガラガラガラ強烈に民家っぽいです。長屋の2階式。メゾネットってやつでしょうか。いろんなジャンルのお店が入っています。雑居ビルっていうやつでしょうか。home homeという本と紙やさんへ。2階へどうぞ。結構急なんだなこれが。昇るたびギシギシという懐かしい音。本がたくさんありました。京都本コーナ。他にも世界各地の面白い紙,便箋,シールなどが販売されてました。民家の非常に懐かしい雰囲気。お...
0

2016聖護院特別公開

9/10より聖護院特別公開が始まったので,早速行ってきました。私も見に行くまで,ほんと失礼なくらい知識が無く,大根とか八つ橋のブランドくらいの認知度でした・・聖護院は修験道における本山派の中心寺院。修験道は日本独特の混淆宗教で,元々は山岳信仰,それが仏教とか密教とかがミックスされたもの。山伏が京都から熊野へ修行に行く熊野信仰が平安後期に天皇や貴族も巻き込んで一大ムーブメントになったため,御所とのゆかり...
0

雲龍院(2)

雲龍院,時間が昼過ぎだったのかそれほど混みあうこともなくゆったり拝観赤の絨毯は緑の補色だからか色が際立つ庭はそれぞれ目を引くものがあって面白い。後水尾天皇ゆかりの寺だからか,菊の紋?たぶん。これは見ようによっては水の渦に見えて,想像膨らむ悟りの間円窓の前には椅子が置いてあって,好きなだけ対峙できる。縁側冷たいお茶も頂きました。吹き抜ける風が気持ちよく,存分に堪能。紅葉季節はさらに楽しみ。...
0

雲龍院(1)

天気も良く,京都観光にと雲龍院を目指す拝観受付からは雲龍が顔を覗かせる庭と部屋が近く,座布団に座りながら景色を眺められる特に気に入ったのは「れんげの間」雪見障子から椿,灯篭,楓,松が見られるとのこと。ベストポジションに座布団がおいてあって,そこに座ると「あ,なるほど」椿,灯篭,楓,松 綺麗に揃います。日本庭園って,島根の足立美術館で非常に感銘をうけたのだけど,生活の場に自然物を贅沢にもってくるのが...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。